【教育実践レポート】デジタルテクノロジーを活用し、無観客の「東京2020オリンピック」開催を成功に導くための学生のアイデアとは!?

【教育実践レポート】デジタルテクノロジーを活用し、無観客の「東京2020オリンピック」開催を成功に導くための学生のアイデアとは!?

この記事は、専門学校 東京ビジネス外語カレッジ(TBL)において、2021年4月に始動した「デジタル・ビジネスコース」授業内での教育実践レポートです。本記事では、未曾有のコロナ禍で東京オリンピックが「無観客開催」でも成功できるためのアイデアを学生達が導き出すまでの特別授業の様子をレポートします。


開会直前で「無観客開催」へと舵を切った東京2020オリンピック!

競技会場の大部分が無観客となる異例の大会は、開幕までの限られた時間で大幅な運営見直しが迫られています。 

開会直前の方向転換だからこそ、思いもよらぬビジネスチャンスや課題解決のアイデアがあるかもしれません!


東京ビジネス外語カレッジ(TBL)「デジタル・ビジネスコース」では、

自由討議を行う特別授業が機敏に展開されていました。

未曾有の難題に挑む学生達

この未曾有の難題に対し東京ビジネス外語カレッジ(TBL)の「デジタル・ビジネスコース」では、デジタルを活用し無観客でもオリンピックを成功に導きうるための解決案を学生間でディスカッションを展開。様々なアイデアに対し議論し合いました。

<地球のアジェンダ>授業内でにて【創造ゲーム】と題し、学生間の議論を展開。

「創造ゲーム」の前提条件と進行

◆感染拡大を防ぐ、安心・安全の大会に。感染防止の指針は守る。

◆費用の制約は考えなくてよいが、現在応用可能なデジタル技術を活用する。

※開幕までのアイデア実行にいたる準備期間は十分にあると想定してよい。

IOCルールにまつわる制約条件も詳細は配慮不要。

 

討議はオリンピック開催に関わる様々な立場や視点より議論の対象に。

討議内容)開会式・閉会式の演出/種目別アイデア/表彰式の演出/パラリンピックも対象に含める/スポンサー企業/選手村/記録映画/アルバイト・ボランティア/パラリンピック

イベント情報の発信や、応援の仕方、実況中継の方法、あるいは無観客と決定されたために紙くずになってしまった入場券の扱い方など、無観客でもオリンピックを開催成功へ導くミッション達成につなげられるアイデアを広く募った上、各テーマを学生間で深く議論しました。

「やっかいな問題(Wicked Problem)」に挑むためには

デジタルを活用し、「誰を」ターゲットに、これまでのオリンピックではなかった「何を」ソリューションとして提案できるのか?

正解のない「やっかいな問題(Wicked Problem)」を解決するためには、

デジタルリテラシー」や「経営感覚」、そして、日本国民のみならず世界の観光客のことも想像できる「国際感覚が問われます。

ゲーム中の雰囲気

誰かがアイデアを発表すると、

「それめっちゃいいですね!」

「こうした方がもっとよくなると思う!」

と瞬時に学生間でポジティブなフィードバックが飛び交います。

 

中には、議論の方向性を自ら提案する学生も。

「この度のオリンピックは、コロナ影響によりすでに参加辞退する国も出ており、常時の開催ではない。これまではオリンピック選手は雲の上の存在のように感じられたが、コロナにより、選手もみな同じ人間だよね。という感覚が自然と浸透している時代に、今回のオリンピックの開催を、競技・競争という視点だけでなく、どのように東京オリンピックを通して世界の人々に元気を与えられるか、という“エンタメ要素も高められるアイデアがあると良い。」

無観客でも観戦者が楽しめるようにするには?

無観客でも観戦者が楽しめるためには、デジタルをどのように活用しリモート観戦することが可能か」というテーマでの学生による発表概要の一部を取り上げます。

◆観戦者と選手の心理的距離間を近づけるため

・デジタルサイネージを活用し、観戦者の#応援コメントが選手に届くための工夫

解説者がハブとなり、選手と観戦者をリアルタイムで繋げるための工夫

◆観戦者がカメラアングルを自由に選択できるようなるための工夫

・カメラ設置台数を増やすことで、観戦者はアプリで見たいアングルを自由に選択できるようにする。

審判や選手にもカメラを設置し、その視点から観戦ができるようにできたら面白いのでは。

◆観戦者と現場との一体感を醸成するため、Live感覚で「XR」を活用し、観戦者のエンタメとコミュニケーションを拡張したらどうか。

・例えば、4D-VR」を活用。

さいごに

「デジタル・ビジネスコース」では、世の中の社会課題を解決するイノベーターを育成するため、デジタルを活用した創造的なアイデアを学生間で議論する授業が日々展開されていきます。


無観客での東京オリンピックという難題に対し、学生達が「創造ゲーム」で解決方法を模索する中、いよいよ「東京2020オリンピック」も開催直前です!

世界中の人々に元気と勇気を与えられるイベントとなることを願っております!

 

現場からは以上です。

引き続き、教育実践に関する記事投稿をお楽しみに!

<宣伝>パートナー企業と連携し「DX人材育成プラットフォーム」を共創!

デジタル最先端企業との連携で未来をデザインするDX人材を育成-専門学校 東京ビジネス外語カレッジ『デジタル・ビジネスコース』 2021年4月開講

本コース卒業後は、グローバルな視点とデジタルリテラシーを起点に、創造的に未来型社会を設計・提案できるイノベーションリーダーや、顧客との共創による持続可能なビジネスモデルを構想できるビジネスクリエイター、そして社会・都市基盤システムのトータルデザイナーなど、デジタル社会変革へのチェンジメーカーとして主導的な役割を発揮することが期待されます。

<宣伝>2021年夏の特別企画

【デジタル時代の最前線!】デジタル時代に求められる人材について学べるオンライン特別講演会を開催!

株式会社デジタルシフト代表取締役社長CEOの吉田康祐氏によるオンライン特別講演会を開催します。デジタル時代に求められる人材について学べる貴重な機会です。探究学習・キャリア教育・進路指導などをご担当される教育関係者、デジタル時代の未来にワクワクできる学生様のご参加をお待ちしてます!

関連する投稿


【プログラミング不要でアプリ開発ができる時代に身につけるべきデジタルリテラシー】文系からデジタル人材へのキャリアパスを応援する「デジタル時代のキャリア戦略論。」オンライン講演会を開催!

【プログラミング不要でアプリ開発ができる時代に身につけるべきデジタルリテラシー】文系からデジタル人材へのキャリアパスを応援する「デジタル時代のキャリア戦略論。」オンライン講演会を開催!

本講演は、2021年4月に始動した東京ビジネス外語カレッジ(TBL)「デジタル・ビジネスコース」が特別に開催するオンラインイベント『ノーコード革命“最前線”~プログラミング不要でアプリ開発ができる時代に身につけるべきデジタルリテラシー~』にて開催される特別講演です。プログラマーやエンジニアを目指している学生、IT業界の未来について最前線に触れたい学生、文系からデジタル人材へのキャリアパスを目指す学生に必見のまたとない機会となります!


【次世代ビジネスを担う若者へ魅せる大挑戦時代“最前線”】起業を志す若者を応援する「はじめての起業 スタートアップ」オンライン講演会を開催!

【次世代ビジネスを担う若者へ魅せる大挑戦時代“最前線”】起業を志す若者を応援する「はじめての起業 スタートアップ」オンライン講演会を開催!

本講演は、2021年4月に始動した東京ビジネス外語カレッジ(TBL)「デジタル・ビジネスコース」が特別に開催するオンラインイベント『はじめての起業 スタートアップ~次世代ビジネスを担う若者へ魅せる大挑戦時代“最前線”~』にて開催される特別講演です。何かに挑戦したい意欲のある参加者が、挑戦者としての第一歩を踏み出すキッカケになること間違いなしです!


【SDGs未来都市の住み続けられるまちづくりとは!?】「消滅可能性都市」から「SDGs未来都市」へと復活を遂げた豊島区のまちづくりの魅力を発信!

【SDGs未来都市の住み続けられるまちづくりとは!?】「消滅可能性都市」から「SDGs未来都市」へと復活を遂げた豊島区のまちづくりの魅力を発信!

内閣府よりSDGsへの優れた取組を行う自治体として「SDGs未来都市」に選定された豊島区を舞台に「SDGs特命大使」として多彩な活動に自主的な取組みを推進するISIグループが豊島区のまちづくりの魅力を発信します!「消滅可能性都市」から「SDGs未来都市」へと変革を遂げた豊島区の逆転劇と、SDGs特命大使として自主的に取り組むISIグループの活動をご紹介します。


【シリコンバレーから中関村へ。世界のテクノロジーはここから生まれる。】これからの未来を担う若者への必読書を紹介!

【シリコンバレーから中関村へ。世界のテクノロジーはここから生まれる。】これからの未来を担う若者への必読書を紹介!

この記事は、2020年3月1日にクロスメディア・パブリッシングより発行された書籍『清華大生が見た 最先端社会、中国のリアル』の紹介記事です。 本書は、筆者である夏目英男氏が、イマの若者から見るリアルな中国を伝える中で、今後の中国を背負う若者にスポットライトを当て、彼らについての理解を深めることにより、日本の若者やビジネスパーソンにイマの選択肢や考えを再考するキッカケを与えることを目的とした、まさにこれからの未来を担う若者への必読書としておススメしたい一冊です!


【デジタル時代の最前線!】デジタル時代に求められる人材について学べるオンライン特別講演会を開催!

【デジタル時代の最前線!】デジタル時代に求められる人材について学べるオンライン特別講演会を開催!

株式会社デジタルシフト代表取締役社長CEOの吉田康祐氏によるオンライン特別講演会を開催します。デジタル時代に求められる人材について学べる貴重な機会です。探究学習・キャリア教育・進路指導などをご担当される教育関係者、デジタル時代の未来にワクワクできる学生様のご参加をお待ちしてます!


最新の投稿


【プログラミング不要でアプリ開発ができる時代に身につけるべきデジタルリテラシー】文系からデジタル人材へのキャリアパスを応援する「デジタル時代のキャリア戦略論。」オンライン講演会を開催!

【プログラミング不要でアプリ開発ができる時代に身につけるべきデジタルリテラシー】文系からデジタル人材へのキャリアパスを応援する「デジタル時代のキャリア戦略論。」オンライン講演会を開催!

本講演は、2021年4月に始動した東京ビジネス外語カレッジ(TBL)「デジタル・ビジネスコース」が特別に開催するオンラインイベント『ノーコード革命“最前線”~プログラミング不要でアプリ開発ができる時代に身につけるべきデジタルリテラシー~』にて開催される特別講演です。プログラマーやエンジニアを目指している学生、IT業界の未来について最前線に触れたい学生、文系からデジタル人材へのキャリアパスを目指す学生に必見のまたとない機会となります!


【次世代ビジネスを担う若者へ魅せる大挑戦時代“最前線”】起業を志す若者を応援する「はじめての起業 スタートアップ」オンライン講演会を開催!

【次世代ビジネスを担う若者へ魅せる大挑戦時代“最前線”】起業を志す若者を応援する「はじめての起業 スタートアップ」オンライン講演会を開催!

本講演は、2021年4月に始動した東京ビジネス外語カレッジ(TBL)「デジタル・ビジネスコース」が特別に開催するオンラインイベント『はじめての起業 スタートアップ~次世代ビジネスを担う若者へ魅せる大挑戦時代“最前線”~』にて開催される特別講演です。何かに挑戦したい意欲のある参加者が、挑戦者としての第一歩を踏み出すキッカケになること間違いなしです!


ISI日本語学校のイメージビデオ「東京留学ライフ」公開!

ISI日本語学校のイメージビデオ「東京留学ライフ」公開!

ISI日本語学校グループは、イメージビデオ「TOKYO RYUGAKU LIFE in Lo-Fi version -January to December-」を制作し、ISI日本語学校 入学相談センターのYouTube公式チャンネルで公開しました。 ISI日本語学校の在校生と卒業生がインスタグラムにアップロードした数々の写真をピックアップし、Hip Hop界の世界的なレジェンド Nujabesの名曲「Luv(sic) Part4」に乗せて、音楽と映像で「東京留学ライフ」を表現しています。


【実施報告】ISIグループの新型コロナウイルスワクチン職域接種

【実施報告】ISIグループの新型コロナウイルスワクチン職域接種

ISIグループは、新型コロナウイルスワクチン職域接種の開始に関する政府の方針を受け、18歳以上の学生及び教職員並びに教職員のご家族(非常勤講師の方及びそのご家族も含みます)と取引先企業の社員様を対象とするワクチンの職域接種の1回目を2021年7月21日・27日・28日に実施しました。


【SDGs未来都市の住み続けられるまちづくりとは!?】「消滅可能性都市」から「SDGs未来都市」へと復活を遂げた豊島区のまちづくりの魅力を発信!

【SDGs未来都市の住み続けられるまちづくりとは!?】「消滅可能性都市」から「SDGs未来都市」へと復活を遂げた豊島区のまちづくりの魅力を発信!

内閣府よりSDGsへの優れた取組を行う自治体として「SDGs未来都市」に選定された豊島区を舞台に「SDGs特命大使」として多彩な活動に自主的な取組みを推進するISIグループが豊島区のまちづくりの魅力を発信します!「消滅可能性都市」から「SDGs未来都市」へと変革を遂げた豊島区の逆転劇と、SDGs特命大使として自主的に取り組むISIグループの活動をご紹介します。